目の疲れを取る方法 蒸しタオル

効果的で簡単な目の疲れを取る方法は蒸しタオル!

目の疲れについて

 

自分で簡単に目の疲れを取る方法を探している方はいらっしゃいますか?
目に負担をかけるパソコンやスマートフォンなど電子機器に囲まれる
現代人にとって、目の疲れは身近な悩みだと思います。

 

そこで、自分で簡単にできて効果的な目の疲れを取る方法として
人気の「蒸しタオル」をご紹介していきます。

 

目のケアを自分で簡単にしたい方・目の疲れに毎日悩まされている方の
参考になれば嬉しいです。

 

 

目の疲れを取る方法でおすすめは「蒸しタオル」

 

目の疲れについて

 

美容法として、毛穴の汚れをキレイに落とせると人気の蒸しタオル。

 

自分で簡単に蒸しタオルは作ることができますし、費用もそんなに
かかりません。それに、目の疲れを取る方法としてもしっかり効果を
発揮してくれます。

 

ただし、目が充血しているなら冷やす方が効果的な場合もあります。

 

蒸しタオルを使うことがおすすめな目の状態は、疲れて
しょぼしょぼしている・ドライアイです。

 

 

蒸しタオルが効果的な理由

 

目の疲れについて

 

目の疲れを取る方法として、蒸しタオルが効果的な理由は
何なのでしょうか?

 

まず、目を温める効果が蒸しタオルにはありますよね。
温めることで目の周りの血流が促進されます。

 

目の疲れを引き起こす原因は、目の周りの筋肉の疲れ・コリ・
血行不良です。

 

ですから蒸しタオルで温めて筋肉の緊張を和らげて、
血行促進することで、目の疲れ改善が期待できるんですね。
筋肉のコリもほぐれて、目の疲れを取る方法の中でもおすすめなんです。

 

しかも、蒸気で目の周りを優しく温めつつ水分を与えてくれますから、
ドライアイや乾燥も防ぐことができます。

 

目の涙には油の成分が含まれ、目の乾燥状況でその含まれる量が
変わってきます。

 

温めれば油が溶け出し、目の水分が蒸発するのを防ぐ油分が増え、
乾燥とドライアイに効果があります。

 

 

蒸しタオルで効果的に目の疲れを取る方法

 

目の疲れについて

 

簡単で効果的な目の疲れを取る方法が蒸しタオルですが、
一応その方法について紹介していきますね。

 

まず、タオルやハンカチを水で濡らして軽く絞り、
電子レンジで約1分間程度様子を見つつあたためます。
肌につけてやけどしないくらいの熱さが効果的でおすすめです。

 

このときに注意して欲しいのが、水分量についてです。
電子レンジで温める際にタオルやハンカチをしっかり絞りすぎると、
必要な分の水分までなくなってしまい、蒸気が発生せずに効果が
半減することがあるので、適度に水分を残して絞りましょう。

 

ただし、あまりに絞らなすぎると逆にお湯がたれてきて肌に
当たってやけどの原因になるので注意してください。

 

温まった蒸しタオルを目の上に3分ほど置き、じんわり目の周りを
温めることで目の疲れが緩和されていきます。

 

タイミングとしては、寝る前・目を酷使した仕事後がおすすめです。
特に効果を実感できると思います。

 

 

もしも目の疲れ以外に充血・ものもらいなどの別の症状がある場合は、
自己判断は避けて医師に相談するる方が良いでしょう。