パソコン 目の疲れ予防

パソコンが原因の目の疲れ予防に効果的な対策は?

目の疲れについて

 

パソコンやスマートフォンが身近な現代人にとって、目を酷使する
生活をおくっている場合がほとんどでしょう。

 

仕事で長時間パソコンを使っていたり、自宅でスマートフォンを
使っていたり…特に仕事がデスクワークの方は、ほぼ1日中パソコンを
使って目が疲れているかもしれませんね。

 

現代人の生活の中で、どうしても手放せないのが電子機器です。
もう生活に欠かせないものになっていますよね。

 

 

悪化すると眼精疲労に…

 

目の疲れについて

 

集中して画面上の文字を目で追うパソコン作業は、目に酷く
負担をかけて使うことになる作業です。

 

ですが、仕事をしていく上でパソコンを使わないように
切り替えられる可能性がある方は少ないと思います。

 

効率よく仕事を進める上でも、パソコンと言う便利な機械を
使用しないわけにはいきませんよね。

 

そこで大切なのが、日頃から目の疲れ予防対策をすることです。
目をしっかり効果的にケアしていきましょう。

 

予防対策・ケアによって、目の疲れは蓄積される事なく
改善されていくはずです。

 

そこで、パソコンが原因で起こる目の疲れ予防対策の中で、
今回は特におすすめの方法をまとめてみました。

 

デスクワークなどで目を酷使している方、目の疲れから来る
体の不調に悩まされている方は、参考に読んでみて下さい。

 

 

パソコン使用時の目の疲れ予防対策について

 

目の疲れについて

 

自分にピッタリのコンタクト・眼鏡を使う

 

目の疲れについて

 

効果的な目の疲れ予防を考えるなら、これは基本的なことです。

 

近視・乱視・老眼の方は、きちんと自分の目にピッタリ合った眼鏡・
コンタクトレンズを使うように気をつけましょう。

 

それから、パソコンを使うときは目を楽に使えるような距離間で
いることも大切です。

 

部屋の明るさを調整

 

目の疲れについて

 

パソコンを使う部屋の明るさについてですが、暗すぎ・明るすぎは
いけません。

 

暗いと見えづらくて目が余計に疲れますし、反対に明るすぎると目に
刺激となって負担がかかるからです。

 

会社のオフィスなどで明るさを調整できない時は、カラーレンズ・
手元のライトなどを利用して明るさを調整してみてください。

 

目の疲れ予防には、パソコン使用時の適度な明るさも重要です。

 

適度な休憩を

 

目の疲れについて

 

目の疲れ予防として、長時間パソコンを使う場合は適度に目を
休ませてあげる休憩をとりましょう。

 

適度な休憩をとれば効果的な目の疲れ予防ができます。

 

長時間のパソコン作業の場合は、1時間に10〜15分程度は
休憩をとるようにしましょう。

 

仕事なので休めない方の場合でも、できるだけ意識的に
目を休ませるようにしてみてください。